(2015)平成27127日 No3094回 20142015年度(27会報)

会員数 101名 出席者71名 出席率76.3% 

 

会長挨拶(大塚秋二郎会長)

 いよいよインフルエンザの季節です。ご自愛の程お願いします。特効薬は、年末宝くじジャンボを買って今年は〜と思っていましたが、見事外れました。今日は野村證券の小池会員から、懐が温かくなるかも知れないお話が聞けるという事です。期待しております。

 

100年委員会報告(斎藤幸一委員長)

 今週の金曜日30日1時から宮野原中学校で「職業人に学ぶ」のプログラムの中で、何人かの講師に話をして頂きます。お時間のある方は、是非来て頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

ニコニコボックス委員会(多賀信彦委員)

結婚祝:太田周会員 片山辰郎会員

快出席祝:斎藤謙治会員

 

プログラム紹介(大矢裕啓委員長)

本日は、野村證券鰹ャ池支店長様に卓話をお願いします。昨年の2月、前北出プログラム委員長が依頼された卓話がキャンセルになりました。内容は「投資のアンケートから」でした。去年の暮れに株価が2万円になるだろうと予想されて、支店長さんが移動されました。その所の検証を後任の小池支店長にして頂きたいと、この時期になりましたが快くお受け頂きました。本日は、凄い資料をご用意いただき又昨日はこの会場に来て頂きリハーサルをされました。正に大きな会社の支店長さん、プロだな!と思いました。どうぞ、よろしくお願い致します。

 

卓話 本年度「新春セミナー」より

             野村證券 宇都宮支店 支店長 小池美源会員

 皆さん、こんにちは。今年最初の卓話は、素晴らしいバイオリンを聞かせて頂きました。月末は、こう云った俗世間的な運用というか金融世界の話です。今年のテーマは、野村證券として「こうなっていくのではないですか!」という事を簡単ではありますが、話させて頂きます。

当社は、年に2回大きなセミナーをやっています。「新春セミナー」と「サマーセミナー」です。先週、新春セミナーをやりました。約200人弱のお客様に出席頂きました。内容的には1時間40分でしたが、本日はコンパクトに話させて頂きます。この野村週報という冊子は、力を入れて作成しております。「2015年新春野村投資セミナー」の雑誌38ページをご覧ください。ここから青色に変わっています。これから日本が変わっていく中で、改善しなければいけない課題をこれからどの様に解決していくか? ・ITの活用による生産性の改善 ・笑顔あふれる地域社会 ・活かそう!女性のチカラ。何処の会社や団体様にも言われる・輝くシニアとかを皆様の会社等にお役立ちになれば良いなと云う風に思っています。87ページは「2020年に向けて交流人口を増やすコンテンツとインフラ」は、オリンピックに向けてこの様なものが有りますよと。91ページは、日本人の1人当たり年間消費額は123万円です。訪日外国人消費で、訪日外国人で1人1回当たりの消費額

13万6693円です。最新は15万円近いといわれています。経済効果では、国内定住人口1人分と訪日外国人9人分と同じ換算になっております。後で時間があれば、ゆっくり見て頂きたいと思います。我々はこれをバイブルと呼んでおります。必ずこれを机の前に置いております。昨年はどうだったのでしょうか?5ページ6ページをご覧ください。これは昨年の主な出来事と日経平均・ドル円・NYダウ・日米10年国債利回りの推移です。例えば2014年1月23日、アルゼンチンが通貨防衛放棄との報道でペソが急落。3月1日、露大統領がウクライナへの軍事介入を提案し、全会一致で承認・欧米反発。8月3日、ポルトガル中銀は、同国大手行に49億ユーロ−の資金注入決定。9月30日、米国で初のエボラ出血熱患者発症。よくよく考えると、去年は色々な出来事がありました。今年は早々に、イスラム国の問題や原油の値下がり等色んな事が起こっております。昨年も為替や株も緩やかな上昇。上がり下がりは当然ありましたが、上昇傾向をたどりました。今年も一言でいえば似ているのではないかと、私は思っています。総じて悪くはないのでは、ないでしょうか?11ページをご覧ください。シナリオ別金融環境と経済・市場環境で、米国は景気拡大の下で利上げ局面に入るとみられていますが、日本・ユーロ−圏・中国は引き続き中央銀行による金融緩和の拡大が続くと見込まれます。主要国・地域の実質GDP成長率見通しでは、世界経済を実質GDPで見ると、2015年は世界第2位の経済規模である中国の景気減速が続くものの、同第1位の米国を中心とする景気拡大が続くと見込まれます。総じて悪くないと思われます。昨年選挙があり安倍さんが勝って、最近経済用語でアベノミクスという事からトリクルダウン経済という言葉が使われています。いわゆる「おこぼれ経済」という言い方をしています。今年のテーマはおこぼれと言いますか、その中で企業・個人そういったところでお金の動きがどうなっていくのか、非常に大切な1年になるのかと思います。企業だと300兆円位お金があるよ!と言われています。そのお金をどういった形で使っていくのか、それが問われるところです。10ページは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で130兆円位運用しています。2014年10月に株式運用の比率を5割に高める事を柱とする新たな方針を発表し、運用の積極化に着手しました。旧ポートフォリオで国内債券は60%を、新ポートフォリオでは国内債券35%です。又旧ポートフォリオで外国債券は11%を、新ポートフォリオでは外国債券15%です。GPIFの資産運用は、保守的なものから、より中庸なものへと資産配分を変更しています。22ページをご覧ください。日本版スチュワードシップコードとコーポレートガバナンスコードの概念図です。株主の目線が経営に反映される事で、企業の稼ぐ力の向上や資本の効率的な利用が進みます。トリプルダウンと申しましたが、上場会社の方は賃上げをしようと、今月新聞の一面に工場の若手の方の賃金を上げていきますよと云うトヨタさんのニュースがあったと思いますが、そういった事も企業側は資金の使い道としてROEを高めると同時に、社員に報いていくのはどうしたら良いのか、設備投資をどうしたら良いのか、という事でお金の使い道を考えていくのではないでしょうか。業績をみますと、日本の企業業績の水準と株価は、2013年度は2007年度に記録した過去ピーク利益を6年ぶりに更新しました。消費税増税の影響で2014年度こそ伸び率はやや鈍化するものの、好調な米国経済と国内ではデフレ脱却などを背景に、2015年度以降は再び伸び率が加速すると予想されます。今日の為替は118円前後ですが、115円以上の円高と思われる方はお手を上げて下さい。いらっしゃいません。118円から120円位かなと思われる方はいらっしゃいますか?大分いらっしゃいますね。125円位の円安に行くと思われる方はいらっしゃいますか? 130円以上と思われる方は、いらっしゃいますか? お一人いらっしゃいますね。当社の見通しを一応言っておきます。13ページになります。2015年12月末、一応125円をターゲットにしています。株は、今17,600〜17,700円ぐらいですか?16,500円よりも下がると思われる方いらっしゃいますか?お一人いらっしゃいます。17,000円位かな?と思われる方は?

17,800円〜18,000円位の方は? 19,000円は? 20,000円以上は?

善林さん強気ですね。株は、藤井さんいくら位ですか?我社の予想は、14ページ下です。日経平均は、2015年末に19,000円を見込むが、企業業績が上方修正されれば更に高い水準も視野に入ってくるでしょう。27ページをご覧ください。「活かして創る新時代」我社のセミナーのテーマです。上に書かれている潜在成長率や少子高齢化や貿易赤字等がありますが、それぞれのテーマには様々な解決策があります。貿易収支の赤字は、12兆8000億円が過去最大の数字になっております。今から10分間ビデオを見て頂きます。

---ビデオ放映---

栃木を含め皆様が前を向いて明るく日本を作っていかないと、我々も食いはぐれていきます。是非皆様と共に頑張って行きたいと思います。以上をもちまして、お話を終わらせて頂きます。

---------------------------------------------------------------------------------------

【今日の料理】

カレーの唐揚げ 野菜あんかけ

小鉢(牛肉の美味煮)

五穀米 味噌汁 香の物

コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

2014-2015年度 卓話

20151月】

1月27日 会員卓話 本年度「新春セミナー」より

       小池美源会員        野村證券 宇都宮支店長

20152月】

2月 3日 会員卓話「宇都宮駅と東北本線130年の歩み」

       櫻井 実会員        東日本旅客鉄道 宇都宮駅長

2月10日 「未定」

                    栃木リンクブレックス

2月17日 会員卓話「ウィスキー醸造について」

       金山典生会員       カンバク 代表取締役社長

2月24日 「未定」

 

会報委員 飯村 悟  会員

写  真 飯村 悟 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm