(2015)平成2747日 No3103回 20142015年度(36会報)

会員数 99名 出席者67名 出席率73.6% 

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 金子昌郎委員長)

 田中勝様(ゲストスピーカー)Vanessa Bertholdさん(交換学生)

 

会長挨拶(大塚秋二郎会長)

宇都宮も桜が満開となっております。目に優しい桜に巡りあえて嬉しいなと感じる、今日この頃です。4月上旬は未だ天候が安定していない様子、又寒波が来るという事ですのでお風邪には十分気をつけて下さい。4月のこの季節になりますと、学校や又皆様の会社に新しい方をお迎えになると思います。今日のゲストスピーカーは、田中様がお越しになっております。宜しくお願い致します。

 

誕生祝(親睦活動委員会 矢治和之副委員長)

 木村正樹会員 阿部義春会員 針谷隆之会員 天谷健二会員 飯村悟会員 

 

結婚祝(親睦活動委員会 矢治和之副委員長)

 熊本勇治会員 齋藤一郎会員 久保井一臣会員 毛塚武久会員 堀井宏祐会員 

助川通泰会員 加藤幸夫会員 田中正彦会員 田嶋久登志会員 草野英二会員 

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 矢治和之副委員長)

 太田敏子様 荒井あや子様 柴田しのぶ様 熊本直子様 三柴都市江様 

藤井幸子様 舘野友美恵様

 

幹事報告(善林隆充幹事)

 本日、第10回理事会が行われました。田部井様、久楽様、木下様、中西様4名の方が退会されました。1人入会の方がおりまして、会員数は99名です。東京ガスの堀内様、パナソニックの渡辺様、大和証券の斎藤様と3名の入会予定の方がいらっしゃいます。4月21日は、夜間例会となります。クラブフォーラムです。又5月の相撲観戦も決まっております。後程、金子親睦委員長よりご説明があると思います。親睦ゴルフ会は、6月21日です。5月6日の市内10クラブ親睦ゴルフ大会のご参加も宜しくお願い致します。4月のロータリーレートは、118円です。残り2ヶ月間、一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します。

 

親睦活動委員会 金子昌郎委員長

 5月10日、大相撲5月場所初日観戦ツアー・江戸を楽しむ会、大江戸博物館で江戸を感じ又庶民的なちゃんこ屋さんでのお食事をご用意しています。会費は1万5千円、募集人数は36名です。明日、事務局よりご案内を申し上げます。集合は宇都宮駅東のロータリー北側に9時15分、9時30分出発です。帰りは宇都宮着23時から23時30分位と強行ですが、ご参加の程よろしくお願い致します。親睦ゴルフコンペは6月21日(日)日光カンツリークラブで6組確保出来ましたので、後ほど事務局からファックスでご案内させて頂きます。

 

青少年奉仕委員会 斎藤幸一委員長

 先月3月26日から29日まで、地区のインターアクトから熊本委員長、当クラブ三原インターアクト委員長、文星芸術大学附属高等学校そして宇都宮女子高等学校のインターアクトクラブの生徒さんが台湾研修に行って参りました。内容につきましては、4月21日のクラブフォーラムで発表させて頂きます。

 

Vanessa Bertholdさん

 皆さん、こんにちは。台湾旅行は、大変楽しかったです。私は、新しい食べ物を食べました。小龍包や果物です。美味しかったです。新しい友達が出来ました。台湾へ初めて行きました。又台湾へ行きたいです。この素晴らしい機会に感謝します。ありがとうございました。

 

ニコニコボックス委員会(奥本雅之委員)

 誕生祝:木村正樹会員 飯村悟会員

 結婚祝:熊本勇治会員 久保井一臣会員 堀井宏祐会員 田嶋久登志会員 

草野英二会員 助川通泰会員

 奥様誕生祝:熊本勇治会員 舘野弘一会員 荒井規雄会員 柴田彰夫会員 太田周会員

 峰村博明会員:平成27年4月5日、弊社は創業60周年を迎えました。又営業基盤を強化する為、平成27年4月1日宇都宮支店は「宇都宮支社」と昇格致しました。

これもひとえに皆様方のご支援によるものと、心から感謝致しております。これを機に社業の発展に、一層努力して頑張る所存です。今後とも、宇都宮ロータリーの発展と会員会社様の益々のご隆盛をお祈りいたします。

 池田宰会員:4月より宇都宮大学理事・副学長の職を務める事になりました。

地元に好かれ頼りにされる大学を目指して頑張りたいと思いますので、

よろしくお願い申し上げます。(会議が増えるので例会出席が減るかも

知れませんが、お許し下さい。)

 関口快流会員:ロータリーバッヂを頂きました。

 

プログラム紹介(大矢裕啓委員長)

田中様にお願いした時は下野新聞宇都宮まちなか支局長だったのですが、人事異動がありまして4月1日から本社編集局の地域報道部に変わられました。田中勝様は、1967年真岡市にお生まれになり1989下野新聞社入社写真部をかわきりに今市市局・運動部・石橋支局・社会部県警担当サブキャップ・宇都宮市制担当キャップ・運動部デスクを経験されています。2012年4月宇都宮まちなか支局開局から支局長をお務めになられまして、日曜日付の中心市街地情報面「みやもっと」のメインを担当として、日々街中を取材かけまわっていたと云う事です。2013年10月宇都宮まちなか支局とカフェを合わせた所が、日本新聞協会の新聞協会賞(経営・業務部門)を受賞されたという事で、この4月本社編集局地域報道部に移動されています。「中心市街地活性化へ・まちなか支局の挑戦」という事でお話を頂きます。宜しくお願い致します。

 

卓話「中心市街地活性化へ まちなか支局の挑戦」

        下野新聞社 編集局 地域報道部 田中勝 様

 改めまして、下野新聞の田中勝と申します。この様な機会を頂きまして、ありがとうございます。話を持ってきた観堂社長自ら今日は欠席で、大変申し訳ございません。普段まちなか取材でお世話になった方々が沢山いらっしゃって非常に話し難い点が多くあるのですが、3年間の取り組みを話させて頂きます。先ず開局した背景から話させて頂きます。

 環状線中心に大きな店が出て、街の中の通行量が減ってしまいました。下野新聞もそれに合わせたかのごとく、街の中の記事が大変減りました。基本的に宇都宮市役所担当の記者が街の中を取材するのですが、行政関係の仕事が多くて街の中に足を運ばなくなったという事が有りました。それに合わせて、街の中で下野新聞の購読者数も若干減少傾向にありました。これではいけないと、地方紙としても街の活性化に下野新聞も一役お手伝いをしなくてはいけないと云う発想のもと、細かい仕事をする事で街の中に支局を作ろうと出来たのが「まちなか支局」です。街の中にオフィスを借りてやるのであれば、情報発信をすると共に集約できる場にしようと云う事でカフェも併設しようと、色々物件をあたりました。開局3ヶ月前、バタバタの仕事でした。旧マクドナルドのビル一棟、観堂の英断で借りてしまいました。1階2階をカフェ、3階を支局で開業させて頂きました。裏話ですが、色々当たった中で一番家賃が高い物件でした。場所は、マクドナルドの栃木県第1号店でした。今日ここにいらっしゃる方殆どの方が、一度は行かれた事が有ると思います。我々の想定外だったのですが、皆さんあそこに思い入れが色々有ったと開局してから聞きました。「今のカミさん、ここで口説いたんだよ!」とか「初めて隠れてタバコを吸ったのはここだ」とかです。この様な思い入れが多く皆さん受け入れて下さって、この様な効果もあったのだと社長の英断に感謝している所です。開局するにあたって地域に飛び込むのが最初の仕事だろうと、宇都宮オリオン通り商店街振興組合と江野町自治会に我々も正式に一会員として入りました。2012年4月1日、支局が開局しました。2012年4月1日に第1回創刊発行しまして、毎週日曜日、年末1週と年始の1週だけ締めの都合でスペースが取れないという事で休ませて頂きましたが、年間50回3月末で150回目を迎えさせて頂きました。新聞ではありえない前文横打ちになっております。これは開局前に観堂社長が「田中、新聞記事を書くな!」と言いました。「ライバルは雑誌だ」と。「タウン誌に書け!」と云うスタンスでした。当紙は宇都宮県央版と云う地域のページが有るのですが、そのページの前後に宮もっと版を入れようと。熱血地域の話のページ構成を考えていたのですが、どうしても片方のページが白黒になります。当初は、それでスタートしました。でも、やはり両方カラーだろうという話が持ち上がり、宇都宮県央版とページが少し離れても良いので両面カラーでやってみましたら大変好評でした。ニュースカフェは目の前にドトールさんがあり、そこと競合してしまうのはどうか?と云う話はありました。向こうは安いコーヒーなので、我々は美味しいコーヒーをゆっくり飲んでもらおうと1杯350円、午前8時から午後7時迄コーヒー一杯でずっと居て頂いても結構ですと。全テーブルにその日の下野新聞が置いてあります。茨城・福島・群馬と近隣の新聞も毎日届けて頂き、自由に読める様になっています。各テーブルにコンセントもあり、WiFiもとんでいますので営業マンの方もうちのカフェでゆっくり仕事が出来ます。又高校生・受験生が勉強部屋に使ってくれるようになりました。図書館より話をしても叱られない、飲んだり食べたり出来る、何よりスマホ・電子辞書の充電が出来る、他の喫茶店よりテーブルが大きいので問題集・参考書を広げやすいと云う事で、これは想定外でしたが若者の利用が増えました。試験科目に小論文の試験があり「田中さん、この小論文ちょっと見て頂けますか?」と言われ、真赤にして返しました。そうしたところ「現国の先生に大変褒められた」との事で、第1次志望の学校に合格したそうです。当カフェから大学合格が出ましたと云う紙を貼ろうかという位、受験時期になると高校生が来てくれています。そんな取り組みは、全国にはありません。ニュースカフェという形のイベントとして北海道新聞社があります。それと街中限定支局は、いくつかの新聞社でやられてはいましたが、専門のページは持っていませんでした。それを両方合わせて、やりました。お陰様でカフェも営業になっています。広告収入もあり紙面も人気があると云う評価も頂きまして、日本新聞協会から業務系部門で最高賞の新聞協会賞を下野新聞社として初めて頂きました。裏話で、神輿をかついだ紙面ですが観堂社長が見た瞬間大笑いしまして「新聞記事書くなと言ったけれど、ここまでやるか」と腹を抱えて笑ってくれました。その時、私は「今の言葉は、褒め言葉として承っておきます」と云うと、又大笑いしてくれました。やって来たことは間違いではなかったと思いました。社内的には「田中は、座って一声だけで良い仕事をした」という評価を頂きました。ここで細かい紙面の企画をご紹介します。まちなか記者が言う一番大きいコーナーが有るのですが、我々が先ず体験をして街の中はどんなに楽しいかを紹介するコンセプトでやっております。神輿をかついだり、宮コンに覆面で参加したり色んな事をしています。今月末の回から、街の中の歴史をメインにした企画を月1回しようという事になっております。これまでに戊辰戦争の戦跡めぐりとか歴史系・散歩系の記事を書いておりましたが、これが非常に好評でした。今後、宇都宮城の歴史とかを今の支局長が取材を始めていると聞いています。あとは、映画・CMの撮影の誘致に力を入れています。ロケ地巡り等も好評でした。タイムリーでご紹介出来ないので、早く教えてくれれば良いのにとお叱りも受けました。今後映画も受け入れていますので、宇都宮市ゆかりの作家・宇都宮が舞台になっている小説なども紹介して行きたいと思います。反対側のページ右側のメインが、まちなか便りでして何でも有りのコーナーです。我々のコラム・イベントの告知等どんどん書いて「皆、街中にお出でよ!」と云うのを全面的に押し出しています。次に「よるのみや」は開局からやっていますが、準備委員会で「日曜の朝に飲み屋の記事はどうなのだ!」と偉い人から指摘されました。若手のプロジェクトチームで検討していましたが、強行突破しましてタイトルは「よるのみや」にしました。飲み屋さんの美味しいつまみを紹介すると云うコンセプトです。残念ながらおねえさんの居る店は、除外です。これも150回やっていますが、まだまだ色々なお店が宇都宮にあります。又新規出店のお店も出来ました。この企画だけは、まちなか支局と本社の内勤部門(社会部・暮らし文化部・政経部)のローテーションでやっております。若干ですが、会社の経費が認められています。気合が入っている企画です。皆様にお願いです。良いお店が有りましたら、是非ご紹介をお願いします。

続く第2企画です。おれ達転勤族です。転勤で宇都宮に来られた方が、宇都宮の良い所悪い所をご指摘いただくコーナーです。これも非常に人気のあるコーナーです。過去3年有りまして、色々な企画「頑張るまちなか商店街」とか、街中の昔の写真と今の風景を比べた「みや 今昔」とか、ニューハーフのブログを載せ社長が怒り「何時止めるのだ!」と何度も言われました。街中を丸3年走りまして感じた事は、オリオンスクエア・イベント広場を含めまして、ここ数年イベントの回数が増えました。オリオンスクエアでいいますと、年間230日です。ユニオン通りさんが、中小企業庁の頑張る商店街30店に選ばれました。宇都宮はかなり復活してきています。加えて先日一面トップに書かせて頂いたのですが、空き店舗は5%を切りました。この数字は全国平均が15%位ですので、5%を切るのは新宿・渋谷なみです。このくらい、宇都宮は元気を取り戻しています。5%を切った事で取材をしている内に皆さんから「お前のお陰だよ!」と言って頂けるのが本当に嬉しかったです。私は残念ながら移動になりましてポジションが違うのですが、本社も街中ですので飲み歩く時間が今迄より2、3時間遅れるぐらいです。まだまだ「まちなか」に関わっていきたいなと思っています。皆様も、是非とも街中に出て来て頂きたいと思います。皆様と一緒に盛り上がって行ければ、宇都宮は力が残っていますので我社も一役かって、やり続けていきたいと思っています。という事で、ぼちぼち新聞記者は締め切りを守るというのが最大の任務ですので、この辺で締めさせて頂きます。本日は、ご清聴ありがとうございました。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

【今日の料理】

中華料理弁当 海老のチリソース 

豚肉の黒豆ソース炒め   

鶏の唐揚げ 春巻 ザーサイ ご飯

豚ひき肉と生海苔のスープ

 

 

 

 

 

 

2014-2015年度 卓話

20154月】

 4月 7日「中心市街地活性化へ まちなか支局の挑戦」

       田中勝様         下野新聞社 まちなか支局長

 4月14日 未定

       榎啓一様         元NTTドコモ 常務取締役

 4月21日「第2回クラブフォーラム」

 4月28日 休会

 

会報委員 飯村  悟  会員

写  真 菊地 太志 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm