(2016)平成2845日 No3147回 20152016年度(34会報)

会員数 106名 出席者  68名 出席率 70.8

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 畑剛司副委員長)

 鈴木千絵様(青少年交換学生)

 

会長挨拶(木村正樹会長)

皆さん、こんにちは。先週、宇都宮市のタイムカプセル事業に参加をして参りました。これは、30年前に県内5ロータリークラブと一緒に先輩たちがカプセルを寄贈しました。その開封式に行って参りました。これはブロンズで出来ており、10月頃これを溶かしてミヤリーちゃんの像を作るという事です。又寄付事業になるかと思いました。その会場で一人倒れている方がいました。皆、見ているだけでした。私は、脈をとって呼吸をしているか確認をしました。50年前、山岳部で救急処置を習っていたので50年経過して役に立つとは思いませんでした。その方の気道を確保し、頭を横にして確認していましたら、看護士さんが見え処置してくれました。その後救急隊に引き渡しました。その様な訳で、皆様もいざという時に、どう処置をしたらよいか覚えておかれると良いと思います。

救急処置のサイトです。

http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/process/

 

誕生祝(親睦活動委員会 ア尾肇委員長)

 木村正樹会長 関口快太郎会員 針谷隆之会員 渡邊肇会員 小林宏会員 天谷健二会員

 飯村悟会員

結婚祝(親睦活動委員会 ア尾肇委員長)

 熊本勇治会員 齋藤一郎会員 久保井一臣会員 毛塚武久会員 堀井宏祐会員 助川通泰会員

 旭野好紀会員 加藤幸夫会員 渡邊定夫会員 田中正彦会員 菊池芳幸会員 三井勝茂会員

 田嶋久登志会員 草野英二会員

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 ア尾肇委員長)

 太田敏子様 荒井あや子様 柴田しのぶ様 熊本直子様 三柴都市江様 渡邊有子様

 藤井幸子様 舘野友美恵様

 

幹事報告(明賀一博幹)

 本日11時30分より、今年度、第10回の理事会を開催致しました。承認事項をご報告申し上げます。会員数4月1日現在107名です。3月31日、吉田光徳会員が退会となっております。入会者が本日1名承認されました。2名の退会者がおりますので、5月1日106名の予定です。4月26日、第2回クラブフォーラムを予定しております。夜間例会になりますので、後日改めましてご案内申し上げます。ご参加の程宜しくお願い致します。消防車事業と云う事で、3月末に一線を退いた消防車2台を市内10クラブからタイのバンコクロータリークラブを通じて寄贈するプロジェクトがあります。2台寄贈し将来的には、グローバル補助金等も視野に入れ継続事業として発展させてゆきたいという事業ですが、6月の末に向け続けてゆきたいと思います。昨年ガバナーでありました長嶋直前ガバナーが、3月27日お亡くなりになりました。4月2日と3日に告別式・葬儀が大田原で執り行われました。当クラブから、生花を送らせて頂きました。ロータリーレートは、今月1ドル116円です。以上です。

 

青少年奉仕委員会(熊本勇治委員長)

 3月の末に台湾への海外研修が終わりました。インターアクトの活動、青少年の活動も一段落しました。4月の下旬に2日間にわたって足尾の植樹がございます。4月23日は文星芸術大学付属高等学校、そして24日は宇都宮女子高等学校それぞれのインターアクトの皆さんが参加予定です。是非とも、皆さんのご参加をお願い申し上げます。本日は、来年8月からタイへの交換学生が決まりました鈴木千絵さん(宇都宮女子高等学校)が見えております。タイへ行く意気込みを一言お願いします。

鈴木千絵様

 皆さん、こんにちは。ご紹介に預かりました宇都宮女子高等学校しらゆりインターアクトクラブの鈴木千絵です。来年8月からタイ王国に交換学生として派遣される事になりました。タイと日本の架け橋、日本と世界の架け橋になれる様に頑張って参ります。今後とも宜しくお願い致します。

 

親睦活動委員会報告(ア尾肇委員長)

 皆様にご連絡を致しました「お花見ゴルフコンペ」の状況をご報告いたします。現在の所15名のプレイをする方と、16名の懇親会の申し込みを頂いております。まだ追加可能ですので、私の所に申し込みを下さい。4月17日(日)宇都宮カンツリークラブ集合時間9時15分、当日びっくりする組み合わせを設定しております。懇親会は18時より、江野町のしかばりという所です。宇都宮市内10ロータリークラブの対抗親睦ゴルフ大会の申し込みは、昨日までとしておりました。12名の会員の申し込みを頂きました。宜しくお願い致します。

 

ニコニコボックス委員会(金山典生副委員長)

 誕生祝:天谷健二会員 木村正樹会長 渡邊肇会員 飯村悟会員

結婚祝:堀井宏祐会員 加藤幸夫会員 助川通泰会員 毛塚武久会員 久保井一臣会員

        田嶋久登志会員 熊本勇治会員 草野英二会員

 奥様誕生祝:熊本勇治会員 荒井規雄会員

 快出席祝:稲野秀孝会員 岡ア善胤会員

 荒井規雄会員:先日の全国大会の決勝戦で長野のチームに2点差で負け、準優勝でした。

        ロータリーOBの方も応援に来てくれました。ありがとうございました。

 

プログラム紹介(矢治和之プログラム副委員長)

 本日は、佐々木英典会員による会員卓話です。佐々木英典会員は、昨年4月に入会され兜沒c屋呉服店の代表をされています。大通りで「しゃなり」さんと云う、着物の販売をされております。それでは、佐々木会員の方からお願い致します。

 

卓話「歴史から見る家紋」

          兜沒c屋呉服店 佐々木英典会員

 皆様、こんにちは。丁度今月で入会1年をむかえようとしております。兜沒c屋呉服店佐々木英典と申します。本日は、宜しくお願い申し上げます。特にお手元に資料等ございませんので、プロジェクターを使って進めていきたいと思います。機材のトラブルで、ちょっとお時間を頂き申し訳ありませんでした。今回卓話は、歴史から見る家紋と云うテーマでお話をさせて頂きます。当クラブの中に私が敬愛してやまない同業の増渕好次郎会員がいらっしゃいますので、適当な緊張感を持ちながら進めていきたいと思います。プログラム委員長から卓話のテーマの依頼を受けました時、最初この様なテーマで話そうと思いました。昨年9月に経済産業省の方にヒアリングで呼ばれた機会がありました。安倍政権が展開しています地方創生の中で、全国産地・流通・小売りと和装業界が散らばっております。2020年東京オリンピック和装振興を含めた意味で、盛り上げていこうではないかと云う官民連携プロジェクトがあり、小売りの立場で呼ばれました。この話をしようと思ったのですが、内容的に固くなるという事と30分で収まりきれないという事でテーマを柔らかくして正解でした。和装以外で家紋というものは皆様の生活にリンクしているもので、とても家紋に詳しい方も多数おいでかと思います。その方にとっては、釈迦に説法になるかもしれませんがお話をさせて頂きます。

 先ず、戦国の名称の家紋と云う事で5つこちらに出ています。左上から、仙台・伊達家三引両紋

の家紋です。真ん中は、今NHKで絶賛展開中の真田六文銭・真田家の家紋です。右上は、加賀の前田慶次・剣梅鉢です。左下は、上杉謙信・竹に雀とてもきれいな家紋です。右下が、織田信長・織田木瓜となっております。戦国の名将と家紋は、切っても切れない関係にあります。そこまでの歴史をさかのぼって話しますと、平安時代にも家紋的なものがありました。それは、霊的信仰や装飾と云う形の一つのデザインだったのですが、それがアイデンティティとしての家紋・家を表したり自分を表したりと云う事で、家紋は日本の歴史の中で平安時代と云う風に云われています。この頃には、貴族自身が自分の一族と他の一族との区別をする為、正にアイデンティティです。その為に紋様を用いだした家紋です。牛車に家紋が有れば、牛車の文様は車文様と呼ばれました。次の時代は、武士の登場と家紋の発展です。今迄平安貴族の中では、自分の一族・他の一族との区別だったのですが、武士の時代になりますと戦場で敵と味方の区別及び自分の手柄・武勇を宣伝する為の効果として使用されていました。有名なところでは、源氏です。中でも頼朝は嫡流に拘ったという事です。源家や源氏は嫡流以外白旗の使用を禁止しました。同族間の争いの中でも、更にその家紋の位置付が意味を成してきました。武家社会の中に家紋が定着していきました。平安貴族・武家社会と云う流れになってきました。この絵は、壇ノ浦の戦いの絵です。運動会の紅白・歌合戦の紅白は、源氏の白、平家の紅と云う事で、1つのツールになっていると思います。貴族・武家次に天皇家ですが、16の菊の御紋が出てきます。天皇の紋として用いられている菊花紋が天皇・皇族の紋として定められたのが、鎌倉時代と云われています。元々は日月紋が皇族のおしるしだったのですが、後鳥羽上皇が特に菊が好きと云う事で使い始めたとの事です。その後時代が進みまして、1869年・明治2年に正式に十六八重表菊が皇室の御紋として定められたという事です。現在では日本のパスポート及び勲章等国章に準じた扱いとなっておりますので、ビジネス・商業的な利用は固く禁じられております。鎌倉時代から現在まで、皇室の御紋は続いております。

 次に忠誠心と結束力と云う事で、鎌倉幕府が滅亡に追い込まれ後醍醐天皇に実は自分の手持ちの総領があまりなかった為、ご褒美の代わりに字名と家紋を与えたという事で家紋がつながっていくと云うお話です。足利尊氏と同じように功績が認められた楠正成は、後醍醐天皇から菊の御紋を貸されたわけですが、さすがにそのまま使うのは「恐れ多い」と云う事で半分を水に流すという事で、今でも有名な菊水紋というものが正成によって使われるようになりました。南北朝時代から戦国時代にかけて家紋が忠誠心と結束力を期待させる道具として活躍・機能するように変化しました。いよいよ秀吉の時代になります。この屏風絵をご覧ください。大坂夏の陣の絵です。ここに描かれている武士は、総勢5071名・348頭の軍馬・1387本の旗です。家紋好きには、たまらない屏風です。その中で大阪城の天守閣図は、菊紋と桐紋がかなり描かれています。これは、後陽成天皇が豊臣姓と供に欲されたという事で菊の紋と桐の御紋です。実際に大阪城でも、あちこちにこれが立てかけられたと云われています。下剋上で出世して行った秀吉の自己顕示が表れている象徴だと云われています。大坂夏の陣の屏風絵は、とても素晴らしいものになっております。家紋や当時の物を味わいたい人は、おすすめです。続きまして、江戸期になります。庶民にこの家紋が普及してきます。江戸時代に、この家紋を知る為にカタログ的なものが普及していました。武官大名紋鑑と云う本がありました。大名・旗本の氏名と家紋・やり・まとい、その人にまつわる各種データーが、ここの集録されていました。今でいう、身長・体重・出身校・シーズン成績等があったようです。その様なカタログ的なものが、参勤交代時の宿場町や街道町で活用されていました。更にそれが庶民に普及してゆきます。商店は家紋をのれんに付けて、それが信用と云う事で家紋を出す。この商店は、信用があるな!と云う事になります。又歌舞伎役者は自らの手拭いに家紋を染めて、お客様に配布していました。今もそうですが、市川団十郎さん・中村吉右衛門の揚羽蝶、市川猿之助さんの澤瀉と云う事で、今でも名前を引継いでいる役者さんはこの伝統的な紋を浴衣や手ぬぐいに染めていると云う事です。明治維新になりまして、明治2年菊の御紋の使用が厳しく制限されていました。明治天皇は、西郷隆盛を大変気に入っていました。西郷隆盛だけは、特別に皇室ゆかりの菊紋を授けました。皇室の力が大きくなり、菊紋や桐紋の権威が復活して参ります。五七桐紋は、初代伊藤博文内閣総理大臣以降、現在の日本政府のシンボルとして総理大臣の記者会見の演台に使用されています。500円硬貨にも使用されています。江戸期、徳川家は葵の御紋にはプライドがあり天皇家の御紋を積極的に活用しなかったとのことです。武家社会はバック政治で、江戸期には菊の御紋とか桐の御紋等、その時期はあいてしまいました。明治期になり復活しました。家紋は日本のみならず、海外からもとっても注目されています。デザイン的なもので云うと、ルイ・ヴィトンのロゴマークとか日本の家紋からインスピレーションを受けていると云う話はあります。それぞれ昔からあるデザインが、家を象徴しているものがあるという事を海外の人は大変驚かれています。日本では、それぞれの家が家紋をもっている・かっこいい・クールだという話を皆さん良く聞かれると思います。非常にシンプルですが、意味のある紋様が其々の家族単位であるという事が海外からも評価されています。今の代表的な家紋の数はありませんが、日本全体の家紋は2万を越えていると云われています。ちなみに「丸に三柏」は、我が家の紋です。調べますと、神官に近いと云われています。柏手を打つというのも、その事からきていると云われています。さかのぼると、その様な所にルーツがあるのかと云う事も浪漫なんかと思います。NHK真田丸の六文銭のいわれは、賽の河原の渡し賃、三途の川の渡し賃と云う事で片道切符の六文銭と云われています。もう一つは幸村が北條の松田家と戦った時に、人数的に負けるという所で北條の松田家の旗が永楽通宝だったと云う事で、6つの真田藩が6人に分かれて松田隊に潜り込んで実は真田の方が優勢だと策略をめぐらせて生きながらえ逃げきったという話があります。そこで6つに分かれた永楽通宝で、六文銭を記念に使ったといわれがあります。家紋1つとってもドラマがあり時代を感じ、今そして未来へと続いていくと云うお話をさせて頂きました。丁度時間となりましたので、これで終わりとさせて頂きます。

 

「今日の食事」

和食 松花堂弁当

煮物   (湯葉飛竜頭 占地

六方里芋 穂付筍 天豆 桜麩)

揚物・焼物

(カニカマチーズ磯辺揚げ

 海老クランキー レモン)

湯葉巻鶏肉団子 青唐

 サーモン菜種焼き

お造り  (鮪大和芋掛け

 カンパチ ボタン海老 ホタテ)

筍炊き込みご飯 赤出汁

 

        

4月】

4月 5日 歴史からみる家紋

      佐々木英典会員    兜沒c屋呉服店 代表取締役

412日 プログルファーから学ぶ伝達法

      坂井昭彦様      SS GRAND 代表取締役

419日 未定

      佐藤栄一様      宇都宮市長

426日  卓話なし 

第2回 クラブフォーラム

5月】

5  3日 休会(憲法記念日)

510日 未定

白相淑久様     2550地区青少年奉仕委員会(馬頭小川ロータリークラブ)

517日 青少年奉仕・社会奉仕委員会報告

524日 未定

      福田富一様     栃木県知事

531日 未定

会報委員 小池 美源 会員

写  真 藤本 達也 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm