(2016)平成28517日 No3152回 20152016年度(39会報)

会員数 104名 出席者 55名 出席率 59.8

 

出席祝(出席委員会 三柴富男副委員長)

 矢嶋昭司会員(27年)宮本隆昌会員(23年)木村正樹会長(21年)辻博明会員(17年)

 石島洋会員((13年)関雅樹会員(9年)峰村博明会員(4年)佐々木英典会員(1年)

 

伊原修SAA

本日は、ミリオンダラー例会です。宇都宮ロータリークラブでは、年2回ミリオンダラー例会を開催しております。ミリオンダラーは、ロータリー財団寄付の一つです。通常の食事を質素にして、その差額をロータリー財団に寄付します。メニューは、カレーとなります。宜しくお願い致します。

 

ニコニコボックス委員会(粟飯原悟委員長)

 誕生祝:長谷川達彦会員

 結婚祝:喜谷辰夫会員

 快出席祝:矢嶋昭司会員 宮本隆昌会員 木村正樹会長 辻博明会員 石島洋会員 佐々木英典会員

 DGテーブルミーティング残金

 Jテーブルミーティング残金

 CIテーブルミーティング残金

 BFテーブルミーティング残金

 

プログラム紹介(渡邊肇委員)

 本日の卓話は、本年度 社会奉仕委員会・青少年奉仕委員会の活動報告です。大矢委員長 熊本委員長 善林隆充会員からのお話です。宜しくお願い致します。

 

卓話「社会奉仕委員会 青少年奉仕委員会 活動報告」

社会奉仕委員会 大矢裕啓委員長

 皆様、こんにちは。社会奉仕委員長の大矢です。第4回の宇都宮サンマ祭りから気仙沼に笑顔を運ぶプロジェクトと云うところまで、今年度やらせて頂きました。ここに関わりました多くの皆様に感謝を申し上げます。この事業は、サンマをとってくれた漁師の皆様又気仙沼の地元の皆様に励まされた事に感謝申し上げます。ここの映像にも有りますが、今回気仙沼市の東稜高校から生徒さん達が見えました。一緒にサンマ祭りをしようと来られました。さんま祭り前日、当事務局で自己紹介等をした後、市内で餃子を食べ、熊本委員長の大きな家に宿泊しました。気仙沼市には、気仙沼ロータリークラブさんと気仙沼南ロータリークラブさんの2つのクラブが有ります。最終的に気仙沼ロータリークラブさんと一緒に事業をする事になりました。現地のニーズを見つける事は、難しいと思いました。ここに阿部長さんと云う文字がありますが、気仙沼の大きな水産卸問屋さんです。そこの社員さんのお話ですが、110億円の損害を受けたという事でしたが、我々のこの事業に賛同をして下さり、サンマを確保して下さいました。大変ありがたいと思っております。昨年

10月31日・11月1日に宮の市が有りました。宇都宮商工会議所さんに名義使用の許可を得、

「宮の市」でサンマ祭りを宇都宮法人会の皆様達と一緒に開催致しました。6月の末には、ご報告申し上げたいと思います。報告は、以上です。

 

善林隆充会員

 皆さん、こんにちは。善林です。サンマと云いますと、私の名前が出てきます。今日も話してくれと云う事ですが、殆ど委員会でやっておりまして今回で4回目です。宇都宮ロータリークラブが何故サンマを焼いているかと言いますと、東日本大震災が起こりました時、当クラブの

60周年事業を考えていた時でした。震災復興の為に何か出来る事が有るのではないかと、気仙沼の漁港にトラック2台を寄付する事になりました。その後、私一人で気仙沼にサンマ6000匹を下さいと行ってきました。(())それが1つの切掛けとなり、宇都宮でサンマを焼く事になりました。2年目は、当時の藤井会長から社会貢献の委員長をやれという事と、法人会の社会貢献委員長を兼ね法人会と一緒にサンマを焼く事になりました。市民の受けが良かった事と義援金も沢山集まりましたので、3年目もやろうという事になりました。お手伝いに青少年委員会インターアクトの皆さんにもお手伝いをして頂き、大きな事業に発展しました。義援金を気仙沼の皆様にという事で、1年目は漁港に40万円を復興義援金としてお渡しいたしました。2年目は、旭が丘学園に寄付を致しました。3年目は、気仙沼南ロータリークラブに本の購入用にお渡ししました。4年目は、気仙沼ロータリークラブと一緒にインターアクトの生徒をさんま焼きにお呼びし、こちらからは笑顔を運ぶという事で宇都宮の餃子を気仙沼に運び焼きました。私は最初から関わり、気仙沼に餃子を運んだという事で今日この時間を頂いたと思っております。サンマに関わって4年、気仙沼には9回行って参りました。気仙沼の復興は、かなり進んでいます。社会奉仕事業は何かされると思っておりますが、そろそろサンマは1つの役割としては終わり、卒業しても良いのではないかと思っております。集大成として現地でサンマも焼きましたので、新たな事業を今後検討する時期に来ていると思います。以上です。

 

青少年奉仕委員会 熊本勇治委員長

 青少年奉仕委員長の熊本です。私は、地区のインターアクト委員長も仰せつかっております。青少年奉仕でインターアクトと一緒に活動をさせて頂きました。第1回目サンマ祭りは、文星芸術大学付属高等学校が参加致しました。最初、先生に言われるまま行動しておりましたが楽しかったという事で、後半は自分達で考えて行動をしておりました。第2回目サンマ祭りは自ら参加をしたいと申し出、煙に目をやられながらサンマを焼いている姿を思い出します。この2回目のサンマ祭りの時の義援金は、気仙沼の旭が丘学園に寄付をさせて頂きました。その時文星芸術大学付属高等学校のインターアクトの会長も学校のバザーでの寄付金を、気仙沼の旭が丘学園に寄付してくれました。その後皆でフォーチュン・クッキーを皆で踊りました。又トラックの前でフォーチュン・クッキーを踊った事がカメラに映っていると、私と善林さん・岡アさんが注意された事を思い出しました。第3回目は、宇都宮女子高にも参加して頂きました。第3回目の義援金の一部は、小さな花束を贈るプロジェクトとして子供達を預かる施設でクリスマスのケーキ作り・バーベキュー・絵本の読み聞かせを子供達と一緒に行いました。この時は、一年交換学生のバネッサと白百合インターアクトクラブの会長が中心となって行いました。この時男子は、裏方にまわり各自リーダーシップを発揮しておりました。帰り際に施設の小さな子供達が、生徒達から離れなかった事を思い出しました。このプロジェクトは下野新聞に掲載され、翌年表彰されました。ノミネートした時の書類がこちらになります。第4回目のサンマ祭りでは、文星芸大附属高等学校・宇都宮女子高等学校のインターアクトの他に宇都宮文星女子高なでしこインターアクトクラブそして気仙沼東稜高校の生徒さんも参加をしました。仲間が出来た事、インターアクト同志が交流出来た事を大変喜んでいました。これも4回目となりますと、流石に段取りも良くスムーズに出来たのではないかと思います。リーダーを育てる事が目的のインターアクトクラブでは、各自のポジションを把握しておりますのでスムーズに出来たと思います。気仙沼東稜高校インターアクトクラブの生徒さんの中には、おばあちゃんが津波に流され未だ行方不明と云う生徒さんがいました。その様な体験談を聞く事も出来ました。4回目の義援金をもとに、気仙沼へ奉仕活動に行かせて頂きました。「気仙沼に笑顔を運ぶプロジェクト」として、餃子ととん汁を市民の方々に食べて頂き笑顔になって頂く企画です。文星芸大のバスに乗って宇都宮を出発、気仙沼に3時頃到着後に段取りをしました。夕食後、気仙沼プラザホテルの支配人さんより、震災の事・津波の事・被害の状況をうかがい、今私達に出来る事は何かと?と云う事で、色々な質問をさせて頂きました。翌日、餃子ととん汁をふるまい、宇都宮をアピールさせて頂きました。東稜高校の皆さんも手伝って下さいました。素晴らしい企画だったと思います。今後の青少年奉仕・インターアクトクラブは、ロータリアンの皆さんと奉仕活動をしたいと申しております。5月31日に、当クラブにインターアクトの生徒達が見える予定になっております。その時は、このような話をされるかと思います。又そう云った機会をインターアクトで企画して、皆さんにお話をさせて頂き、段取りをしてゆきますので宜しくお願い致します。青少年奉仕からは、以上です。ありがとうございました。最後に、動画を作成しましたのでご覧ください。

----ビデオ----

 

「今日の食事」

ビーフカレー サラダ

福神漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月】

517日 青少年奉仕・社会奉仕委員会報告

       大矢社会奉仕委員長 熊本青少年奉仕委員長 善林国際奉仕委員

524日 ベリーグッド ローカルとちぎ

       福田富一様     栃木県知事

531日 インターアクトクラブ一年間の活動について

       インターアクトクラブ(宇都宮女子高等学校・文星芸術大学附属高等学校)

6月】

6月 7日 未定

       長谷川達彦会員    東日本電信電話 栃木支店 支店長

614日 1年を振り返って

       社会奉仕委員会   大矢裕啓委員長

       国際奉仕委員会   飯村  悟委員長

       青少年奉仕委員会   熊本勇治委員長

621日 1年を振り返って

       職業奉仕委員会    宮本隆昌委員長

       クラブ奉仕委員会   辻博明委員長

 6281年を振り返って

       木村正樹会長      明賀一博幹事

 

会報委員 印出井 敏英 会員

写  真 吉田    会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm