(2016)平成28927日 No3170回 20162017年度(12回会報)

会員数 107名 出席者 61名 出席率 64.9

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 ア尾肇委員長) 

 中尾正俊様(ゲストスピーカー)

 馬嶋英昌様 上野知彦様(宇都宮ライトレール()

 

会長挨拶(石島洋会長)

 皆さん、こんにちは。お元気でしょうか? 昨日から、酒井幹事が台湾へ行っております。台湾は、今台風直撃だそうです。無事かえって来られるか!心配です。今日もよろしくお願い致します。

 

ニコニコボックス委員会(田中正彦副委員長)

 誕生祝:田中康明会員

 快出席祝:鈴木重男会員

 

プログラム紹介(プログラム委員会 吉田稔委員長)

 本日は、タイミング良く昨日国土交通省からLRTに関しまして認定がおりました。これからいよいよ、LRTが始動するという事です。本日は、宇都宮ライトレール()常務取締役中尾正俊様に「宇都宮LRT」という演題で卓話をお願いしております。プロフィールとご経歴については資料に記載されておりますので、ご確認をして下さいませ。それでは、よろしくお願い致します。

 

卓話「宇都宮のLRT

        `                  宇都宮ライトレール()常務取締役 中尾正俊 様

 ただいまご紹介を頂きました宇都宮ライトレール()常務取締役中尾正俊と申します。どうぞ、よろしくお願い致します。私は広島から参りました。昨年の10月に妻共々宇都宮の街に転居して参りました。

仕事の内容は、宇都宮にLRTを走らせたいという事から、手伝ってもらえないかということでした。私は、広島電鉄()路面電車の会社ですが、路面電車一筋43年間携わらせて頂きました。その経験を是非こちらで生かしてほしいという事で、人生の集大成としてお手伝いをさせて頂くことになりました。丁度昨日、国土交通大臣から認定書が交付されました。一番に宇都宮ロータリークラブの皆様にご報告出来るというチャンスを頂き、心より感謝申し上げます。私は広島におります間、広島南ロータリークラブに所属させて頂きまして、街・地域のために色々お手伝いをさせて頂きました。今日こちらに参りまして、ロータリーソングやロータリーマークが懐かしく感じられた次第です。私は運輸企画部長をやっており、我社の社員は2名です。細々とスタートしたばかりですが、現在宇都宮経済界の皆様をはじめ、各主要企業様からご出資を頂きまして、現在の所資本金1億5千万円でなんとかつないでいきたいと思っております。開業まで後3年ぐらいあるわけです。その間、最小限の人件費でやろうと少人数・少数精鋭の主義で現在やっております。社長は、宇都宮市副市長の高井です。副社長は、芳賀町の副町長上野です。そして私が常勤でやっています常務です。他、手塚という宇都宮市役所総合政策部長も取締役をしております。宇都宮商工会議所専務理事をされている佐藤さん、栃木ライトレール支援持株会(26社あります)まとめて出資して頂いているグループです。関東自動車()専務の吉田さん、東野交通()取締役社長の佐川さん、監査役に()足利銀行の池田さん、()栃木銀行の中野さん、このようなメンバーの方が役職で名を連ねています。出資団体は、宇都宮市40.8%、芳賀町10.2%、宇都宮商工会議所1%、栃木ライトレール支援持株会社(26社分)22.8%、芳賀町商工会0.2%、関東自動車()10%、東武鉄道()4.0%、東野交通()1.0%、()足利銀行5%、()栃木銀行5%の出資割合になっております。特質すべきは、関東自動車さんと東野交通さんに株主に入って頂き、交通関係の3社が揃ったという事で今後の事業運営について、スムーズに行けるのではないかと感じ、ありがたいなと思っています。会社の内容はこういった様に、昨年11月9日に設立を致しました。

 これまでの経緯です。平成27年11月9日会社設立の新聞記事です。平成28年5月31日LRT都市計画決定、平成28年9月8日運輸審議会による答申、平成28年9月26日特許の取得新聞記事です。昨日認定書を頂戴して参りました。これで書類的には大きな山場を越したと思います。今後は工事の施工に当たり、認可申請書を国と県へ申請します。用地買収をするための都市計画事業認定を県に申請し、これがOKになりますと、用地買収に進みます。工事を着工出来ることになります。もう少し書類等の手続きもありますが、だんだんと現場に仕事がおりてくる状況になります。日本国内の路面電車20社ありますが、全て市内を走っています。今回宇都宮のように

駅から芳賀町まで15KMを高速で走れるというのは、初めてのケースです。路面電車高速輸送システムと言っております。Light Rail Transit(道路上・地下・高架に軌道敷設した、軽快な路面電車 高速輸送システム)の頭文字を取ってLRTです。Bus Rapid Transitは、バス高速輸送システムです(専用の走行空間を走るバスによる路面電車並みの高速輸送システム)が、どう違うのか?といいますと、BRTは道路の専用部分を走る。LRTも専用の部分を走る。同じように専用道路を走るのであれば、大量輸送の出来るLRTの方が効率も良い、という判断でLRTは未だに世界各地で伸びている状態です。建設費の比較ですが、地下鉄は1km約300億円といわれています。新交通システム(ゆりかもめ等)は1km約100億円、LRTは1km約30億円といわれています。宇都宮のLRT総工事費用は約30億円X15km=約450億円です。輸送力の比較です。地下鉄は約1000人・1列車、新交通システムゆりかもめ等約500人・1列車、LRTは約200人・1列車、Busは約60人・1車です。人口100万人以上の所は、地下鉄位でないと輸送力は

足りないと地下鉄を使っています。人口50万から100万人の都市については、新交通で丁度良いだろうということです。人口50万以下の所は、LRTが丁度輸送力的にも経済的な輸送機関であります。バスについては、人口20〜30万人以下で十分間にあると言う整理がされています。

LRTが宇都宮に出来ますと朝6分感覚で走りますので、朝10本走ります。1時間に2000人の

方を輸送できるということです。それなりの輸送力がアップ致します。日本のLRTはどのようなところに有るのか?をご紹介致します。札幌市交通局、函館市交通局、東京都交通局、熊本市交通局、鹿児島市交通局の5つの公営交通局が有ります。富山ライトレールと万葉線があります。これが第3セクターで、宇都宮と同じ仕組みになっています。線路・ホーム・施設については、地元の自治体で負担し作り維持管理をする。運行だけを公募で決めた会社で有れば公募、無ければ今回宇都宮市の様に市が株主になって行うという私設作りと運営を、上下に分離した分離方式が経営母体になっています。これは、富山ライトレールと万葉線と同じです。これは富山地方鉄道(都心環状線)です。これは福井鉄道です。これは京阪電鉄(京都から大津市まで)京津線です。これは京福電気鉄道(京都市)です。阪堺電気鉄道です。岡山電気軌道・広島電鉄・伊予鉄道・土佐電気鉄道・長崎電気鉄道・鹿児島市交通局です。宇都宮市は、芝生を植えるか植えないか議論をしています。緊急車が走る時に、困るのではないか?と。今色々市の方で検討をしています。今全国で20社が走っていると云うLRTの現況です。これは富山のライトレールです。七色の電車です。「赤色の電車に乗れたら幸せになれる」というジンクスが有り、赤色に人気があるという事です。宇都宮ではどんな色になるか、今丁度デザイン部会が始まっておりまして色の議論が交わされています。これは富山地方鉄道の都心環状線です。3両連結車で大型化してきています。バリアフリーの車両で、乗り降りがしやすいと好評です。これは広島電鉄です。3両連結でピッコロ・ピッコラと仲良くやっています。これは国産の車両会社が作りました。これは鹿児島市交通局国産の電車で、非常にユニークな車体で欧米諸国の電車に負けないデザイン性の優れた電車です。海外のLRTです。ストラスブール・アンジェ・ボルドー・オルレアン・リヨン・ランス・マルセイユ(フランス)、ストックホルム(スウェーデン)、ミュンヘン・カールスルーエ(ドイツ)、ヒューストン・ポートランド(アメリカ)、トロント(カナダ)、ビルバオ(スペイン)、イスタンブール(トルコ)、インスブルック(オーストリア)、ゴールドコースト(オーストラリア)です。

-動画を見て頂きます。-  市役所が作ったものです。よろしくお願い致します。

以上です。皆様方の厚いご支援を賜りますようお願い申し上げまして、私の卓話を終わらせて頂きます。

 

今日の食事 

カレイのミルフィーユ仕立て和風バターソース

      ライス スーップ サラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

【9月】

9月27日 「宇都宮のLRT

        中尾正俊様       宇都宮ライトレール鰹務取締役

10月】

10月 4日 「歩いて楽しいまちなかを目指して」

        大木雄一郎様      宇都宮まちづくり推進機構事務局長

10月10日 会員卓話「最近の葬儀事情」

        田中康明会員      アルファクラブ()葬祭部 部長

10月18日 未定

10月25日 クラブ特別休会

 


会報委員 田中 勝裕 会員

写  真 小池 美源 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm