(2016)平成29110日 No3182回 20162017年度(24回会報)

会員数 108名 出席者68名 出席率 70.1% 前回修正率 57.3

MU会員 舘野弘一会員(宇都宮東ロータリークラブ)

 

会長挨拶(石島洋会長)

  皆さん、明けましておめでとうございます。2017年平成29年も10日程過ぎましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?お正月は比較的暖かかったと思います。二荒山の初もうでのお客さんは、ちょっと少なかったかもしれません。比較的列がそんなにできておりませんでしたが、皆さんは初詣でに行かれたでしょうか?今年は酉年という事で、何があるかわかりません。ツイッターで物議をかもしているアメリカの大統領候補もおりますが、どのようになるかわかりません。私の任期もあと半年になりました。皆さんのご協力の下、よろしくお願いしたいと思います。今日は430分からクラブ協議会、夜は新年会がございます。ロータリーで一番長い日ですが、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

SAA(秋本薫SAA)

 ガバナー事務所より、地区委員の委嘱状が届いております。会長よりお渡し致します。前の方にお越し頂きたいと思います。近藤髣コ会員  熊本勇治会員  町田卓大会員  永井宏樹会員

松本春枝会員 石島洋会長

 

石島洋会長

 米山記念奨学会功労者の発表があります。金子昌郎会員  熊本勇治会員  小林辰興会員

関雅樹会員  林幹夫会員

 

誕生祝(親睦活動委員会 ア尾肇委員長)

 田ア秀穂会員  菊池芳幸会員  毛塚武久会員  明賀一博会員  秋本薫会員  齋藤誠一会員 

石島洋会長  荻山猛彦会員

 

結婚祝(親睦活動委員会 ア尾肇委員長)

 森田浩敏会員(39年)太田周会員(48年)片山辰郎会員(27年)

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 ア尾肇委員長)

 渡邉美紀様  佐藤千鶴子様  藤本雅子様  増渕容子様  播摩由美様  小池加代子様

 明賀かおり様  久保井房子様

 

幹事報告(酒井誠幹事)

 新年明けましておめでとうございます。本日1130分より、第7回理事会が開催されました。

承認事項としまして、1231日、上野泰男会員が体調不良という事で退会されました。11日現在会員108名(他名誉会員2名)です。佐藤行正会員 小林辰興会員 三柴富男会員3名の出席免除適用申請が承認されました。又本日430分より「うをのぶ」さんでクラブ協議会を行います。その後、新年会を行います。1月のロータリーレートは116円です。その他、例会で使用しておりますパソコンが古いという事で、買い替えの話がありました。次回理事会迄に検討したいと思います。

 

親睦活動委員会 ア尾肇委員長

 昨年末クリスマス例会に沢山のお集まり頂きまして、ありがとうございました。荘厳なハープの演奏を聞きながらお楽しみ頂けたかと思います。新年会が、本日18時より「うをのぶ」さんで開催されます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

ニコニコボックス委員会(金山典生委員)

 誕生祝:石島洋会長 毛塚武久会員 明賀一博会員 秋本薫会員 森田浩敏会員

 結婚祝:峰村博明会員

 快出席祝:善林隆充会員

 奥様誕生祝:明賀一博会員 藤本達也会員 増渕好次郎会員

 稲木義友様(2550地区第3G A補佐) :クリスマス例会開催のお祝いとして。

 印出井敏英会長エレクト        :本年も宜しく、ご協力のお願い申し上げます。

 金山典生会員:社名を変更しました。新社名は、サントリーモルティング株式会社です。

        今後も変わらず、お付き合い下さいますよう お願い申し上げます。

 

プログラム紹介(プログラム委員会 吉田稔委員長)

 今月は、職業奉仕月間です。今日は、松井委員長より宜しくお願い申し上げます。

職業奉仕委員会  松井公彦委員長

 今月は職業奉仕月間です。しかも強化月間と書いてあります。卓話のお時間をお借りしまして、矢嶋会員より職業奉仕についてお話を頂くことになっております。よろしくお願い申し上げます。

 

卓話「職業奉仕強化月間に向けて」

          矢嶋昭司 会員

 今、ご紹介頂きました矢嶋です。新年明けましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願いします。いつもなら新年早々琴の演奏とかで柔らかくいくのですが、職業奉仕強化月間と云う堅苦しいのですが、その卓話をするようとの事です。何を話したら良いのか、色々考えました。皆様のお手元に紙が1枚あると思います。これに沿って、私の日頃考えていることをお話し申し上げたいと思います。

 簡単に自己紹介をします。私は今年7回目の干支を迎えまして、84歳になりました。酉年なので、もうあと一踏ん張り頑張っていこうと考えております。私は昭和836日に旧姓島崎というのですが、烏山の「東力士」と云う酒蔵の二男坊に生まれまして、昭和14年町立尋常小学校に入学しました。昭和16128日第二次世界大戦が勃発した日ですが、小学校2年生でした。戦争が終わった昭和20815日、この時が国民学校6年生でした。その後旧制中学に入り新制高校を卒業し大学に行き、東京でいろいろな仕事をして自分で会社を興し又大分遊びました。昭和45年に宇都宮に来まして、矢嶋と云う姓に変わりました。マストー商事と云う会社に入りました。昭和48年に宇都宮青年会議所の理事長をやらせて頂きまして、平成元年にロータリークラブに入会させて頂き平成1516年に宇都宮ロータリークラブ会長をさせて頂きました。その時今の市長達にご援助頂き100年委員会と云う学校教育の支援をする委員会を設立したのを覚えています。平成21年に2550地区第3グループAのガバナー補佐を仰せつかりました。現在は老境に入りまして、よもや「職業奉仕で話をしろ」という場が廻ってくるとは思っておりませんでしたが、日頃考えている事を一度お話してもよいかな?と云う気持ちがありました。松井委員長からお話を頂いて、お引き受け致しました。

@  星野泰三先輩シニアの人で知らない人はいないと思います。しかも2550地区のロータリークラブの中で職業奉仕といえば星野泰三と云う位有名な方が宇都宮におりまして、ご存命であれば95-96歳になっていらっしゃる方です。毎年一回位は、星野さんの職業奉仕の説教を頂いた記憶があります。非常に熱心な方で、超我の奉仕について熱心に語られていました。今でも他所のクラブに行き職業奉仕の話になりますと「星野さん凄かったね。あの人は〜」と云うような事が語りぐさになっております。ロータリークラブの根幹をなす理念を熱く語られた方でありました。私は入会して今年で29年を迎えます。星野さんの理路整然とした職業奉仕の説教は凄かったです。

A  ロータリー誕生と職業奉仕ロータリーの友の表紙の裏側あたりに「ロータリーとは?」という事で書かれています。ロータリーの起源は、ロータリーの思想の中に今でも残っています。20世紀の初頭、シカゴの街は商業道徳が荒れ果てておりました。酷い環境にあったそうです。その中にあって青年弁護士のポール・ハリスと数人の仲間、洋服の仕立て屋さん・石炭商の方々と語り合って一人ずつ仲間を増やしていったと云うのがロータリーのオリジナルです。ロータリーの打合せをする事務所を其々の会社を使って、順番制で廻ったそうです。それがロータリーの名前の始まりで、このバッジも歯車で一緒に回っていく。この様な事であったらしいです。今から112年前、1905年シカゴのロータリーが生まれました。今では200以上の国と地域で35400位のクラブになっています。会員が127万人います。ロータリークラブの起源は、特殊な誕生の歴史があります。ロータリークラブは職業倫理、職業をきちんとやりましょう!このような事が基で、発祥したのだそうです。これがロータリークラブの特徴的な部分です。職業奉仕の理念そのものが、ロータリークラブの考え方と星野先輩から教わりました。今は、色々変わってきているのではないかと思います。

B  職業奉仕委員会の活動は、難しいのは当然。社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕は、糸口はいっぱいあります。職業奉仕は何故こんなに難しいのか?ちょっと考えてみれば分かります。職業奉仕は職業倫理の事で、観念論です。具体的な行動を起こして、何かをしようと云うものではありません。しっかりした商人道を身につけましょう、修身の教室みたいなものです。私はロータリークラブと云うのは、商人道を養う場所だという風に思っています。どちらかと云うと現況ではロータリークラブは親睦と交流が中心になっていますが、元々はそういう事だったのです。私共の商売は「おれおれ詐欺」とか又一部の人達の様に商人道から外れて無知蒙昧の人・知らない人をだましながら詐欺まがいの商売をしている人は、このロータリークラブにはいません。お客様のニーズに答えて、要望するものを提供し満足を頂いて、その対価として商売をさせて頂き儲けを頂いています。きちんとした商人道を歩いている人達ばかりなのに、そこでもう一回職業奉仕とは?こうなりますと何をやれば良いのか。我々職業奉仕の理念は、子供の頃から教えられていると私は思っております。私は滋賀県日野の近江商人発祥の地、母親の元で生まれたものですから、余計に近江商人の三方よし(売る人 買う人 世間もよし)を言われてきました。ロータリークラブの職業奉仕と云うものを子供の頃からたたき込まれてきましたので、よくよく考えてみないといけないと思っています。以前、誰が委員長か忘れましたが、職業奉仕委員会で、4つのテストをロータリーのマークの入った立派な紙に筆で書いたものを、金縁の額に入れて全会員に配ったことがあります。今までの私の職業奉仕委員会の中で一番良かったなと思っています。この様な意識をマスターして、ロータリーの理念を少しずつ自分の仕事に生かしていこうという気持を持たないと、ロータリーの時間とコストがもったいないと思います。

C  ロータリーの奉仕の理念について。手続要覧の職業奉仕の欄に「職業奉仕は事業及び専門職務の道徳水準を高める品ある業務は、全て尊重されるべきであるという認識を深めるあらゆる職業に携わる中で、奉仕の理念を実践していこうとする目的を持つものである。会員はロータリーの理念に従って、自分自身を律し事業を行うとあります。これから先は私の個人的見解が入っております。ロータリーの第二標語「もっとも奉仕するものは、最も多く報われる」これを裏返してみると「最も悪いことをする者は、最も大きなものを失う」と同じ意味だと私は思います。英語でOne loses most who serves worst.

私がガバナー補佐をした時、職業奉仕のコメントとしてこれを言ったことがあります。昔から自業自得・因果応報と云う言葉は、日本に数百年前から有りました。110年前にシカゴで生まれた職業倫理と同じものが、日本には何百年前に文化として国民の間に定着していたと私は思っています。素晴らしい日本の文化は、昔から根付いていたと思っております。私が小学生の頃、二宮金次郎の像が日本中至る所の小学校に終戦の時まで有りました。二宮尊徳の教えは、日本国中の子供達に浸透していました。福沢諭吉・松下幸之助・ 渋沢栄一・稲盛和夫さん達の商人としての心構えは、昔からある仏教の教えに従った非常に優れた商人道で大変大事であると思います。

D  日本人の優れた精神文化(論理観・商人道)。ロータリーの職業倫理と日本人の云うところの職業倫理には、僅かに違うところがあります。それは宗教に根差しているところあります。キリスト教文明と云うのは、どちらかと云うと直線的です。正しいか間違っているか。良いか悪いか。好きか嫌いか。二者択一の様なところがあります。一方仏教は「一方に片寄らない、こだわらない中庸の教えを大切にして和をもって貴しとなす」という日本人の大人の感覚があります。社会奉仕に関する記述が手続要覧にあります。ロータリーには基本的に一つの哲学が有ります。利己的な欲求と義務、それに伴う他人の為に奉仕をしたいという感情との間に常に存在する矛盾を和らげようとするもの。この哲学は超我の奉仕の哲学であり「これは最もよく奉仕する者が、 最も多く報われる」と云う実践的な倫理・原則に基づくものであるという記述がありますこれは心の矛盾を和らげようとする、かなり苦しい説明と思いますが、ここに私は仏教の教えに通じる無私、悟りの存界を感じます。

E  ロータリーの和魂洋才論について。辞典によりますと、日本人が伝統的な精神を忘れず、西洋の文明を学び巧みに両者を調和させることを和魂洋才と言います。私は、これを日本におけるロータリーがこれに当たるのではないかと勝手に思っております。ロータリー誕生後百数十年の間に、ここまでロータリーの理念を拡大したポール・ハリスの発想、これを支援した仲間たちの企画、管理、組織力は正に西洋の優れた才能です。日本人には及ばない能力であります。多くの物を与える者は、多くの物を得る。One gains more who gives many(利他の心を持つものは豊かになる)この方が日本人にはより理解し易い理念であると思います。(gains giveの対象はprofitのみでなく金銭以外の心の価値を含んでおります)

F  私のロータリー観。これまで、世界が話し合ってお互い上手くやっていこうというグローバリズムに対して、ナショナリズム・アメリカファーストと云って、今度のアメリカ大統領がそういう方針でやりたいと言っていますが、これからRIはどんな風にロータリーを考えて運営するのかと考えています。多様性と云いますか、世の中が非常に大きく変わっているので、これから先ロータリークラブの解釈も変わっていくと思います。それがいわゆるダイバーシティーという事で、乗り切って行こうと考えているのではないかと思いますが非常に難しい事になると思います。トランプさんがロータリアンかどうか知りませんが、少なくともロータリークラブでは政治課題に関与する事はいけない。宗教問題に関与する事はいけない。この様な建て前が有ります。宗教論・政治力学には触れないで、従来のロータリーの運営を行うには、ダイバーシティーの感覚で乗り切って行くのではないかと個人的には考えていますが、課題は出てくると思います。私のロータリー観は、老人が利益を多く得る場所(老、多、利)だと思っています。75歳以上の健康な方を会員として勧誘するのはいかがでしょうか。長くなって申し訳ありません。ご清聴有難うございました。

 

【1月】

1月10日 職業奉仕強化月間に向けて

       矢嶋昭司会員

1月17日 「県内の治安情勢について」

       斎藤敏市様  宇都宮中央警察署 署長

1月24日 会員卓話

       峰村博明会員 大和ハウス工業()宇都宮支店長

1月31日 未定

 

今日の食事

牛フィレステーキ

ライス スープ(野菜のスープ)サラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

会報委員 田中 勝裕 会員

写  真 小池  会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm