(2017)平成29221日 No3188回 20162017年度(30回会報)

会員数 108名 出席者60名 出席率 63.8% 

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 明賀一博委員)

 芳賀清多様 石橋正行様(宇都宮陽南ロータリークラブ)

 

会長挨拶(石島洋会長)

 気温が上がったり下がったりで調子がくるってしまいます。皆さん、体調を崩さないようお願い致します。確定申告が始まりました。皆様も関係のある方がいらっしゃると思いますが、今年からマイナンバーを申告書に記載することになっております。ご本人だけでなく扶養家族も書かなくてはいけないという事で、ナンバーの管理に気を使っています。確定申告は、早めにお願い致します。本日は野村證券支店長さん恒例の年頭所感です。今年の見通し等、本日は期待しております。よろしくお願い致します。

 

宇都宮陽南ロータリークラブ 芳賀清多様

 皆さん、こんにちは。陽南ロータリークラブ本年度会長の芳賀と申します。当クラブが、今年度5月に行われますゴルフコンペのホストになっております。そのキャラバンとして参りました。5月5日()場所は宇都宮カンツリークラブです。締め切りは3月29日となっております。詳細は、後日メールにてご連絡致します。本日は、宜しくお願い致します。

 

幹事報告(酒井誠幹事)

 明日22日IMがホテル「イタヤ」にて開催されます。ご参加の方は、宜しくお願い致します。

 

ロータリーミニ情報(ロータリー情報委員長 喜谷辰夫委員長)

 明日、IMがあります。IMは、インターシティーミーティングまたはイントラミーティングと言われています。当地区では、それぞれのエリアごとに開かれます。宇都宮に関しては、宇都宮市内10クラブでイントラシティーになります。その他の地域ですと、市内をまたがった所でIMが開かれますのでインターシティーミーティングという事になります。言葉をあまり気にせず使っている方が多いと思います。一言説明をさせて頂きました。

 

ニコニコボックス委員会(小島克之委員)

 結婚祝:佐山良一会員

 奥様誕生祝:秋本薫会員

プログラム紹介(プログラム委員長 吉田稔委員長)

 野村證券渇F都宮支店長小池美源会員に野村の新春セミナーより、つながるイノベーションが作る未来という事で卓話を頂きます。ちょっと遅れたという事ですが、昨年は2月2日にして頂きました。よろしくお願い致します。

 

卓話「つながるイノベーションがつくる未来」

            野村證券渇F都宮支店 支店長 小池美源会員

 皆さん、こんにちは。野村證券の小池です。何故か毎年やるルールに縛られて卓話3回目です。1回目は、夏までは非常に良かったです。日経平均17,000円でやって20,800円まで上がり、それから下がり始めて皆様の目の冷たい事 冷たい事。それから2回目の昨年、10月までずっと厳しい状態でした。一部の方からは嘘つき呼ばわりがございまして、非常につらい思いをしていました。

今年3回目です。3年の間に3回卓話をやっている人は、いらっしゃるのでしょうか?期待されているのを感じ、一生懸命させて頂きたいと思います。資料の方ですが、ちょっと分厚いのですが「良くできている資料だ」と自画自賛している資料です。 

 4ページ目「つながるイノベーションがつくる未来」という題名になっております。今後の投資テーマという事で、IOT・ロボットの生産性向上・スムースな金融取引フィンテック・シェアリングエコノミー・空間・乗り物・人材・スキルをシェアリングしていきましょう。働き方改革とかは、皆さんの会社はどこも関わってくると思います。寿命100歳を目指す・実現を目指す・地方創生等色々ある程度詳しく書いてありますので、皆さんのお立場上話をしたり会合に出られたりとか社員の前で話されたりとか「ネタ帳」になると思います。「ビジネス上、ヒントになるな!」と、その様な思いで後から読んでいただけたら少しは役に立つのかなと思います。今回トランプ大統領の話を少しさせて頂きます。今年のテーマはトランプさんというより、循環的な景気回復にプラスアルファで財政出動が出ますよね!最初5ページです。上のラインが50よりも上に行くと景気が良いよと云うラインですが、世界的には景気回復の局面に入ってきました。これの支出と株価の動きは、連動しています。循環的な景気回復にどんな財政出動が出るのかが、ポイントになります。トランプ大統領が掲げている景気対策です。個人消費を刺激しうる政策、民間投資を刺激しうる政策、公共投資を刺激しうる政策、一兆ドルのインフラ投資、規制緩和の話が出ています。ウォール街の改革ドットフランク法、これによって金融株が上がったというのもありました。トランプさんはこのような事を言って大統領になりました。この景気回復の面から見ますと、今回のアメリカ大統領選挙で、50州の州取り合戦、真ん中の黒い所がアメリカの世帯平均55,000ドルです。日本でいうと600万円位がアメリカの世帯平均年収になります。年収の高い所をクリントンさんがほぼ取りました。年収の低い所をトランプさんがほぼ取りました。要は景気回復感に対しまして、非常に低成長に対する不満があったという事です。入国規制の問題等、最近色々なニュースがあります。結構賛成の人数が片方では多いと。ニュースでは反対の運動が凄いと出ますが、実際アメリカはそういう状態にあったようです。日本の平均世帯収入は541万円と高いです。只、平均以下の方が61%です。日本の中央値が427万円です。日本でいうと65歳以上の方が増えてきていますが、65歳以上の方は297万円です。日本の中央値で見るとアメリカの州でいえば46番目47番目位が、日本の平均になっています。トランプが今回インフラ公共投資をやるよという事で、今アメリカでは公共投資が必要な状態になっています。見ますと高速道路は28年だったり下水道が26年だったりで、ある程度インフラ投資が求められています。逆に云うと景気回復の為の財政出動をする。今回選挙によって上院・下院とも共和党員が多くなったのですが、共和党が主張するのは法人税改革です。35%から20%に引き下げましょうねと。逆にいうとトランプさんがよく言いますが、アメリカに投資しなさいよと。雇用を増やしなさいよと。言っている政策を共和党はやりますよ、という事です。2005年ブッシュの時、海外のお金35%かかっている税金を

5.25%に変えますよという時期が有りました。時限立法で1年間だけだったのですが、アメリカにかなりお金が集まったという事です。マーケット環境からいくと為替の影響も非常に大きいので「共和党の政策も景気回復をやっていきますよ」という、いいシナリオが上手くいくようであれば相場的にはプラスにとらえられるのではないかと思います。為替に関しては、FRBの金利を

3回上げようかという話になっています。アメリカの10年国債は、今2.47%です。トランプさんになる前は、1.7%です。私の主観ですが、ここから相場を見る時にアメリカの10年国債を見る方が良いと思います。アメリカ10年国債の金利が上がるという事は、アメリカの景気がいい時と判断されるので相場も強いです。アメリカ10年国債の金利が2.5%前後から下がっているなという事になってくると、為替のマーケットは大きいので早い動きをしますから1つの指標として金利を見ておいた方が良いのかな?と。雰囲気としては景気が良くなっていくのであれば、共和党の考えであれば「財政投融資が行われてアメリカは、今年景気が良くなるよ」と。元々4%成長とトランプが言っていますので、やり方は色々批判されていますが、低所得者層を含め不満がたまっていた国民から選ばれた大統領ですから、それをやっているという事です。今は良い話をしましたが、ネガティブ悪い話も当然あるわけです。ネガティブシナリオとしては、これだけ選挙は有りますよと保護主義的な所も強くなってきています。そういった所が、一つ波乱要因として考えられます。他貿易等で見ますと、メキシコはかなりやられています。「これだけアメリカに対して、貿易量が有ります」という所は「壁を作りますよ」という様な皆さんご存知の話が有り、ネガティブなところは色々な所で少しずつ出てくると思います。総じて全体的に需要と供給の線をぶつけた所が今現在の所です。ポジティブに考え良くなると考えるとすれば、減税の効果が出る・政府の支出も拡大します。おそらく一週間ぐらいでトランプが財政投融資する話を出してきますので、ここの金額が多いと10年国債も上がり株も上がるパターンになる可能性が高いインフラ投資をし、結論として物価は小幅に上昇すると。緩やかに物価上昇しながら景気が拡大していくと。為替の方も円安ドル高になっていくと。一番ポジティブなシナリオになっていきます。逆にネガティブなシナリオは、アメリカの政策は関税の引き上げ当然保護主義的な所が有り、それによって逆に物価が上がり財政悪化貿易政策が打ち消され景気が悪化します。日本から見ると円高になります。そうなったら、結構下がると思います。今の状態は、トランプが何か言いますとマイナスの話がパーと出てきます。逆に良い話をするとポジティブシナリオが一気に出てきます。正直に言いますと今年は難しいですが、アメリカの景気は良くなるなと金利は上がっていくだろうなと。そうなると日本の企業業績等は非常に顕著になってきていますので、あまり株価の事は言いたくありませんが今年

21,000円から21,500円と。今年は大きな動きが出ると思います。買い手もいますし日本は業績も良いので、そうなった時には皆さん「少し考えられるタイミング?」なのではないかと思われます。今回「イノベーションによる」という事で、イノベーションにおける生産性の向上という話をします。生産性を向上するというのは「いつでも大切で当たり前」という話ですが、何故今これほどまでに言われるかといいますと、これほどIOTインターネットにモノが繋がる時代になってきて、テレビの普及時代をご存知の方がいらっしゃると思いますが、一部の人がテレビを持っていて 段々周りに少しずつ増えて 一気に増えてゆく、1億台以上テレビは売れているのですが、丁度それに近いような状況が相場から見ると感じます。企業の方々が色んなビジネスの生産性を向上させたり、資本を向上させたりという状態になっております。色々な企業さんが、どんな生産性向上をしているのかというビデオが有りますので見て下さい。

 -ビデオ-

今見て頂いたのは、ビジネスとしてどんな感じで生産性を上げているかという事です。ビデオにあったお話もありますが、例えば日立さんがやっているルマーダ(Lumada)というものですが「製品のリードタイムが、5割削減されました」というのが出てきました。「生産性が上がるよね」となって、どこかの会社がこれを入れて5割、同じような同業者が生産性を高めたら周りの企業もどんどんやっていくわけで、すでに始まっているという事が「今イノベーションが作る未来」という題名をつけた理由にもなっています。自動車の自動運転もありましたが、テスラモーターズの社長イーロン・マスクさんは「私が生きている間に人間が運転していたら、自動車運転は違法になるよ」と言っています。AI(人工知能)を使っていかないといけないね。今、画像認識率・英会話も

AIが人間を超えたという形になっています。

 当社のアピールを少しだけします。AIファンドを、今月1千億円をわずか5日間で完売しました。投資で考えている方は、かなり興味のある分野かなと思います。私は、野村證券で27年間頑張って働いてきました。当然、肝臓や胃に多大なダメージを受けていますが再生医療・取り換える考え、このままでいくと40歳から60歳が400年で、60歳から80歳になるまで80年です。

私は今52歳ですので100歳迄生きる可能性があるのではないかと、では折り返しかなと考えています。企業さんの資本を効率化しないといけない事をROEと言います。分母に自己資本、分子が利益です。持っているお金を有効利用に使わないといけない。ROEに投資される方も出資される方も世間の役に立って、そこから利益が上がることが一番良い事で、10%以上を目標にしています。10%以下の方をもっと上げていかないといけない。これは経営者の考え方で、これは止まらないです。アメリカという国が1991年ROEを導入してROEを上げると云った時のニューヨークダウは、3,000ドルです。今は、20,000ドルを超えています。約7倍です。日本はスチュワードシップ・コードが言われ始めて、2年目です。そういった中での銘柄は、パナソニックさん・日立さん・ソニーさんは、面白いかなと思っています。商社も丸紅さんが強いです。資本を10.7%位にROEが上がっていく。更にもう一度ROEを高めていく気が有ればという事で、2018年日経平均は上限24,500円、2020年で31,000円位になってもおかしくありません。

最後にお金の生産性という事で個人と金融資産では、日本は預貯金にこれだけ滞留しています。預貯金に52.7%あります。アメリカは、13.6%です。有価証券株式が35.3%という状況です。GPIF年金は我々がもらう年金、現在21%位株式で持っています。外国の株式も21%位有ります。という事で、分散投資をしながら皆さんも間接的に株を保有しているという事です。それが、直接投資に向かっていくお金を効率的に使う時代になっていかないといけないのかなという様に思います。積立投資をやっていれば、負けません。少しずつ積み立てていけば、負けません。少しでもそういう形で考え方を変えていくという事が、お金の効率を上げるのに必要になっていくのではないかと思っています。野村證券では、株から上がってくる収益は全体の20%から30%です。それ以外は、債券だったり投資だったり保険です。最近多いのは、不動産の売買です。野村證券は170店舗有りますが、2年前に比べると 会社を売りたい・買いたいという相談が3倍くらいに増えています。皆さん1千万円位はお持ちと思います。銀行に預けていても、あまり利子は有りません。キャノンさんは配当4.5%あります。お金を効率化していきながら、やっていきたいと思います。つたない説明となりましたが、私の卓話とさせて頂きます。

 

-卓話-

  【2月】

2月21日  会員卓話

2017年新春野村投資セミナーより 「つながるイノベーションがつくる未来」

      小池美源会員  野村證券()宇都宮支店 支店長

2月28日 会員卓話「私見 変な会社の変な習慣」

      佐山良一会員  ()エルシーアール 顧問

【3月】

3月 7日 会員卓話「国際ロータリーについて」

      近藤隆亮会員  ()近藤企画 代表取締役

今日の食事

豚味噌丼 ポテトサラダ 香の物 味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会報委員 矢治 和之 会員

写  真 村田 和也 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm